男女問わず使える脇の臭い専門デオドラント

40代から服の脇に黄ばみが! なぜ?黄ばみの原因は?

脇の黄ばみ

服に付く脇汗による黄ばみには4つの原因が考えられます。

 

汗腺の色素

汗を出す汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があるのはよく知られています。

エクリン腺は全身にある普通の汗腺です。

サラサラした汗で色も臭いもありません。

いっぽうの、脇汗を出すアポクリン腺には、水分以外にアンモニアや脂質、糖質、タンパク質が含まれているのです。

さらに黄ばみの元となる「リポフスチン」と言う成分含まれているので、服が黄ばんでしまうのです。

 

制汗剤

脇汗対策としてよく使用されるのが制汗剤です。

よかれと思って使用するのはいいのですが、体質に合ってないものを使用することもあります。

そうなると、汗と化学反応を起こして黄色い色を出すことがあるのです。

服の黄ばみが気になりだしたら、一時的に使っている制汗剤をやめてみましょう。

それで黄ばみがなくなったら、制汗剤が原因なのです。

 

汗腺機能の低下

疲労したり、エアコンの効いた部屋に長時間いたりすると、汗腺機能が低下します。

汗腺機能が低下するとどうなるのでしょうか。

普段は無色無臭のエクリン腺から出る汗も、余分なミネラルや鉄分などが混じってきます。

そうなると、色が濃くなってしまうのです。

 

緊張が原因となることも

緊張したときに、脇の下にジワ~ッと汗をかくことはよくあります。

そのときにかく汗は、エクリン腺から出るサラサラの汗ではありません。

アポクリン腺から出るベタベタした汗なのです。

前述しましたが、アポクリン腺の汗は色素を含んでいます。

緊張したときにかく汗が黄ばみの原因となるのです。

 

防水スプレーや脇汗パットが有効な対策

脇汗の黄ばみを防ぐ方法

脇汗パッドやインナー、さらには制汗スプレーが有効です

脇汗の黄ばみを防ぐのに一番効果的な方法はなんでしょうか。

一つは、脇汗パッドの使用です。

黄ばみの原因となる汗を吸い取ってくれるので、衣類が黄ばむことはありません。

しかし、薄着の季節だと脇汗パッドが透けないか気になる人も多いことでしょう。

そうなると積極的に使用したいとは思わないかもしれませんね。

脇汗パッド付きのインナーも多種多様に揃えられています。

おしゃれを楽しみながら自然に着ることができるのも最近の傾向です。

直接肌に貼るタイプの脇汗シートもあります

これなら違和感なく身に着けられそうですね。

他にも定番の制汗スプレーなどもいいでしょう。

 

食生活の見直し

アポクリン腺からでる脇汗には、脂質やタンパク質が含まれています。

これが黄ばみの原因となっているのです。

そのため、脂質やタンパク質が多く含まれている肉や、乳製品といった動物性脂肪を過剰に摂取していないか見直すことも必要です。

また、野菜に含まれているビタミンには、黄ばみを抑える効果があります。

脇汗を抑えるには、肉よりも野菜中心の生活を心がけるようにしましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。