男女問わず使える脇の臭い専門デオドラント

加齢臭は解消できる?まずは原因を知ることが大事

男女

加齢臭はノネナールという物質が原因となって発生します。

ノネナールという物質は不飽和アルデヒドの一種です。

毛穴の中にある皮脂腺から分泌される脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)があります。

その脂肪酸が酸化してできたニオイの成分なのです。

私たちの皮膚には毛穴の1つ1つに皮脂腺が通っています。

この皮脂腺から皮脂を分泌しているのです。

皮脂は、皮膚や毛髪の表面の保護や保湿の働きをします。

一方で、皮脂に含まれる脂肪酸が分解されることで、活性酸素やバクテリアによって酸化するのです。

さらに過酸化脂質となることでとノネナールが発生します。

このノネナールがオイの元になるというわけです。

なぜ若いときは臭わなかったのに、年齢を重ねると加齢臭が出てくるのでしょうか。

それは皮脂の量と抗酸化物質にあるのです。

若い人の皮脂の中にも、加齢臭の原因である脂肪酸や過酸化脂質は存在しています。

しかし、その数は圧倒的に少なく、さらには体内の抗酸化物質によって、脂肪酸の酸化を防いでいるのです。

そして、加齢臭が男性特有のものと思われていたのには理由があります。

男性は女性に比べて皮脂量が多いこと。

女性の場合は、女性ホルモンの働きで皮脂量を抑えているということです

一方で、女性ホルモンも35歳位を境に減り始めていきます。

すると、男性ホルモンの働きが徐々に活発になっていくので、女性も皮脂量が増えてくるのです。

さらには、40歳を過ぎてうると体内に発生した活性酸素を除去する抗酸化物質の働きが弱まります。

これは男性も女性も同じですね。

若いころは抗酸化物質によって防がれていたのですが、その脂肪酸の酸化が進んでしまって、加齢臭が強くなってくるということですね。

男女とも更年期臭に注意

更年期に入ってから、これまで経験したことのなかった「臭い」が気になりはじめたという人も少なくないでしょう。

更年期になると汗のかき方に変化が起きます。

それと同時に臭いの発し方にも変化が起こるのです。

更年期になると汗のかき方自体が変わる

女性

更年期には、女性ホルモンが減少し始めます。

それと同時に自律神経が乱れることで更年期多汗症(ホットフラッシュ)が発生するのです。

また、精神的に不安定になるという症状が出る人も多いです。

ホットフラッシュは、下半身は大丈夫ですが、上半身に集中して大量の汗が出るのです。

この一度に大量に出る汗が更年期特有の臭いの強い汗となるのです。

さらに、精神的に不安定になると、ストレスが溜まりやすくなります。

この場合、精神性発汗といって、脇汗が増えてくるのです。

脇はもともと汗腺が多く通っているので、汗をかきやすい場所です。

この精神性発汗でもどっと汗が出やすく、臭いの強い汗が出てくるのです。

女性だけではなく、男性にも更年期が来ることが知られるようになりました。

更年期になると自立神経が乱れがちになります。

上述したようにホルモンバランスも崩れてくるので、汗をかきやすくそれが元で更年期臭が強くなることがあるので注意したいところですね。

デオドラントでケア

ナチュラル系デオドラントで、やさしくケアしましょう。

腕などの他の部位より、肌から成分を吸収する「経皮吸収」率が高いといわれる部分が脇の部分です。

だからこそ、脇の部分にデオドラントケアをしっかりしたいところですね。

刺激の少ないデオドラントで、しっかり汗のニオイを防いでくれるものがナチュラル系デオドラントです。

更には使い心地も良いので、快適に使い続けられます。

一般的に制汗剤は、消臭作用が強いので、肌の弱い人はすぐにかぶれてしまうことでしょう。

その点、ナチュラル系デオドラントでしたら、自然由来の成分のみしか使っていませんから、肌に優しく自然に消臭効果を高めてくれるのです。

肌は弱くないから、消臭効果の高い物を…と思う人も多いでしょう。

しかし、毎日利用するものですから、肌に優しい成分を使っているナチュラル系デオドラントケアにこだわりたいところですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。