男女問わず使える脇の臭い専門デオドラント

汗の量と脇の臭いは比例する?

脇の臭い

汗の量が多いと、その分脇の香りも強くなるのでしょうか。

汗の臭いは、汗の量で決まる訳ではありません。
しかし、量が多いと当然香りは少しずつ強くなってくるでしょう。

汗には、におい汗とにおわない汗があります。
特にワキガの人は少量の汗でも強いにおいを感じることが多く、汗が出ていない状態でも匂いがただよう場合があります。

質の良い汗は、たくさんかいてもあまり香りを感じることはないでしょう。
サラサラとした汗は香りが弱い傾向にあります。

臭いの強さと汗の量はイコールではありません。
汗がたくさん出ていても臭くない場合もあるからです。

しかし臭いの強い人は汗の量が増えればそれだけ臭いも強くなるでしょう。

これを改善する為には、こまめに汗を拭く必要があります。
汗が残っているとそれだけで香りが強くなるでしょう。

そのため、汗を拭きやすい洋服を着て、汗を定期的に拭く習慣を付けなければいけません。

夏場はもちろん、冬場も厚着や冷房のせいで意外と汗をかくことが多いので、冬場にも行ってください。

もしなかなか汗を拭くことが出来ないという人は、汗がでにくくなるデオドラント商品を使って見てはいかがでしょうか。

汗を軽減出来れば、香りも緩和することが可能です。

 

多汗症とは?

多汗症とは、読んで字の如く大量の汗をかく事です。
ただ大量の汗をかくのが問題というわけではなく、例えば緊張すると大汗をかくなど、ある一定の条件下にあると大量の汗をかいてしまうという症状です

一般的には精神的な要因があげられますが、単純に汗をかきやすい体質の方もいるようです。

多汗症の汗をかく場所ですが、これは体臭の悩みと同じく脇の下と言う場合がほとんどです。

併せて顔面や背中などの方も多いですね。

 

多汗症の原因

多汗症は必要以上に汗をかいてしまう症状のことですが、その原因は自律神経の失調から来る場合が多いそうです。

極度の緊張状態などという場合でなくても、電車に乗った時、学校で教室に入った時、など日常の生活でも、多汗症が表れることは多くあります。

さらに緊張すると、思いもよらないほど汗をかいてしまう事もあるようです。

この場合は特定の場所に大量の汗をかくパターンが多いとのことです。*多汗症には、全身の多汗症と体の一部、局所性多汗症に分けて考えられています。

 

手足の多汗症

最近非常に多いのが、この手足の多汗症です。
手足といっても場所は限定されていて、手の平と足の裏ですね。

これはある程度誰にでも経験があると思いますが、スポーツの大会(運動会や水泳大会)などで、自分の番が回ってくると、手足に汗をたくさんかいてしまうなんていう事があったと思います。

あの手足の汗が極端になったのが、この手足多汗症です。
やはりこの場合も精神的なものが関わっているのは明白です。

ですがハッキリ断言しておきますが、多汗症だからといって精神的に脆いとか、弱いというわけではありません。

まして精神に異常があるわけでもないので安心してください(もちろん精神的な病気の方で多汗症という方もいます)。

 

多汗症を治す方法

ではどうやって多汗症を治すか? これは1人で悩んでいてもどうにもなりません。

多汗症は病気の一つですから、医師の診断を受け適切な処理をしてもらうのが一番です。

多汗症を治す

最近は健康保険が適用出来る治療なども多いですし、専門のクリニックもありますね。

ワキガ、脇の臭いの場合は、デオドラントで予防できますが、多汗症は市販のお薬では大した効果は期待できないでしょう。
前述したように、理由が精神面からくる以上、脇の下にクリームを塗っても止められるのはわずかです。

わたしの場合はワキガにはかなり苦しみましたが、多汗症というわけではなかったので、経験談は話す事ができません。
ですので多汗症の治療を得意としているクリニックをご紹介します。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ