男女問わず使える脇の臭い専門デオドラント

アメリカのデオドラント

アメリカのデオドラント

アメリカのデオドラント事情について書いてみます。

まずアメリカ人のほうが、日本人より脇の臭いがある(わきが)の場合が多いです。 これはアメリカ人がというのではなく、
欧米系・アフリカ系・ヒスパニック系といった、アメリカで人口の多い人種についての話です。

ということからなのか、アメリカ人にとって脇の臭いは普通という意識があります。
*ここは日本人とは随分違いますよね。
ですが脇の臭い対策に関しては非常にうるさいのもアメリカ人です。

簡単にいえば、汗をかいて脇の臭いがするのは当たり前、でもそれに対しデオドラント等で対策しなければ、ガツンと言われます。
*ここも日本人と違いますね。

アメリカのデオドラント

要するに、アメリカではワキガでも別に問題はない、そのかわりしっかりと対策をして臭いを消さなければいけないという事です。これは男女共通の認識ですね。

アメリカでもヨーロッパ、南米もそうですが、脇の臭いに彼らは寛大です。
逆に口の臭いには、とにかくうるさいです。
私の友人の外国人は、皆口をそろえて「日本人は口が臭い人が多い」と言います。 外国では絶対に許されないなんて話をかなり聞かされました。
これはアジア人でも日本人は口が臭いと言いますね。
この日本人の体臭(口臭)対する意識は変えていかないといけませんね。

本題のアメリカのデオドラントに戻りますが、あちらではスティックタイプのデオドラントが多いです。 それにクリームタイプが続く感じで、日本では
主流のスプレータイプはあまり人気がありません。

この理由はスプレーだと効果があまりなく、持続性も悪いからだそうです。
これを聞いても、アメリカのワキガのほうが基本的に臭いが強烈だということがわかりますよね。

↑並行輸入で¥1,480-

ちなみにアメリカのデオドラントは安いというイメージがありますが、そんな事はなく、いいものは日本よりずっと高いです。
量が多いというわけでもなく、日本でいえば8X4のスティックタイプと同じくらいのサイズで(50ml)普通に20ドル以上します。

もちろん安いもの(6~7ドル)もあるのですが、人気商品は圧倒的に15ドル~30ドルのシリーズ。
女性用のほうが少し高いですが、これは量が多いからのような気がします。*後は高級ブランド製もあるからでしょうか?

量販店の人気ランキングを見てみると、売れているのはDOVEやジレットといった日本でも有名なブランドの製品です。
3個パックとか6個パックで売られていますが、こういった大企業の製品は日本と変わらないような価格で売られています。

そしてアメリカで売れているこれらのブランドが日本の脇のデオドラント業界に参戦してこないのも、だいぶ臭いに違いがあるからなのかな?なんて思います。

 

大人気!メンズデオドラント↓

 

女性用強力!大人気です

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント