男女問わず使える脇の臭い専門デオドラント

脇汗よりも厄介な顔汗の原因

顔汗

夏や、運動時は、誰でも汗をかきます。しかし、体にではなく、顔に限定して汗をかいてしまうケースがあります。体でなく顔だけ汗なのは、なぜ?!

通常の、体が健康なコンディションだと、汗って全身から出ます。それが、顔にばかり、汗をかくケースは、その原因として、1つに運動不足が有り得ます。

そもそも、発汗の役割は、体温を下げると言うモノです。体温が、生体にとってふさわしい温度よりも上昇し過ぎると、あらゆる細胞がダメージを被って、働かなくなるので、身体は汗を分泌。熱を下げています。

そんな体温調節に使われる汗を出すのは、エクリン腺です。その役割からエクリン腺は、全身に約300万個もあり、密度は130-600個/cmに及びます。

そうやって、昨日は備わってるんですが、運動不足とかクーラーの中で居続け、熱の発生が無いライフスタイルですと、汗は分泌されず、一部の体の汗腺は、休眠状態に。

そうなってくると、お顔にばかり汗をかいてしまうんですね。

お顔の汗は、体のそれとは違い、ベタついて不快です。

本来エクリン腺由来の汗はサラサラしてるハズなんですが。

エクリン腺タイプの汗腺は、血液から赤血球、白血球、血小板をこした、血漿のみを汗として出します。

血漿には必要なミネラルもあるんで、そのまま出れば、ミネラルが不足に陥ります。

ゆえに、汗腺は血漿から、出てはいけない必要なミネラル分を再吸収して血液に戻すんです。そんな再吸収が出来ている汗は、サラサラ。

ですが、汗をかく機能を使わず、汗腺の機能が休眠していると、この再吸収が不完全に。

ミネラルが汗にでてしまい、ベタついた不快な、お顔の汗になるんですよ。

ですから、運動しましょう。

 

 

汗っかきの人は頭から大量の汗が出る

頭から大量の汗

頭だけ、とかに大量の汗をかくケースは、局所性多汗症と言われています。時に、顔や手だけに汗が、という症状もあります。

なぜ、局所性多汗症になるかというと、緊張が解消されないのが原因です。

常に緊張していると、交感神経が過敏なって&それが副交感神経で戻らず、ムダに多量に汗が出る様になります。

正常な状態でも、頭に汗はかきます。が、頭部多汗症になると髪全体がびしょびしょになったり、顔かかってきます。

頭部多汗症の原因って、ストレスや生活習慣の偏りにより、交感神経がオーバーヒートしてしまうからです。副交感神経が中和するよう働かないんです。

ストレスは誰でもありますが、ストレスに対処できる術がなければ、直接、交感神経の乱れ/オーバーヒートにつながってしまいます。

融通が利かない?神経質・こだわりが強い?生真面目?完璧主義などの性格を少しづつでも変えるのが、解決策です。

あと、交感神経の働きを、ブレないよう整える方法が、いくつかあります。

まず、運動です。負荷が適度な運動は、交感神経の働きがヒートしないようにします。また、ストレス解消になりえます。

睡眠は、取っていますか?寝れていないと、交感神経がヒートしがちになります。

最後にツボです。ネットで自律神経を制御するツボをいくつか見つけ、刺激します。解りにくければ、ダーマローラーなどイボイボのグッズで周辺を押せば、必ず引っかかりますよ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント