体臭は病気が原因の可能性も!

体臭というと、汗臭さや不潔といったイメージをすぐに思い浮かべてしまいます。
しかし、それだけではなく何らかの病気が原因で体が臭うことがあるのです。
煙草は吸わない、お酒も飲まない、さらに清潔に心がけているのにきつい体臭がするという場合は病気の可能性を疑ってみる必要があります。
それでは、どのような病気が体臭の原因となるのでしょうか。
まずは糖尿病です。甘酸っぱい臭いというのが糖尿病の特徴ですが、糖尿病になると体内にケトン体という臭いの強い物質が発生します。このケトン体が血液中に取り込まれ、その一部が汗と一緒に排出されるので体臭が甘酸っぱくなってしまうのです。
また、おしっこのような臭いの体臭となると、腎機能が低下して尿が出にくくなります。そうなると毒素や老廃物が排泄されずに体の中に溜まってしまいます。
すると血液中の毒素が多くなってしまい、汗に交じって体外に排出されるのです。それによって体臭がおしっこのような臭いになってしまうのです。
カビの臭いのようは体臭がするときがあります。これは肝機能が低下すると体臭がカビのような臭いになってしまうのです。
これは本来肝臓で分解されなくてはいけないものが肝機能の低下によって分解しきれなくなり血液に取り込まれて、結果として汗とともに体外に排出されてしまうからです。
あとは、卵の腐敗臭のような体臭となると、胃炎や十二指腸潰瘍などの胃腸の病気などが原因となります。胃の調子が悪いと消化不良を起こしがちになります。そうなると食べ物が体内で異常発酵してしまうので、卵の腐敗臭のような臭いとなりそれが、血液中に流れて結果として体外に排出されて体臭となるのです。

病気の治療と臭いケア

気になる体臭は病気によるものが多いことがわかりました。それではどのようにしたら体臭を抑えることができるのでしょうか。
基本的には病気を改善したら体臭がなくなるということになります。
もっとも、糖尿病は一度発症してしまったら不治の病とされています。
そのような病気を克服するのも大変です。
しかし、それでも体臭を克服することができるのです。
まずは基本的なことですが、食生活を改善することです。脂分の多い食事は体臭の元となりますから、あっさりめの食事に切り替えることが大切です。
伝統的な日本料理が脂を使わない食事ですから、参考にするとよいでしょう。
また、規則正しい生活習慣というのは大切です。臭いの元は汗をかいてしまうことだからと汗をかかないようにしてしまうのは逆効果です。汗をかいてその臭いが体臭のバロメータとなります。
ですから、目標としては体臭のきつくない汗をかくということになります。
規則正しい生活習慣というのは、よく眠り三食をしっかりと食べるということです。その食事もあっさりめにすることが大切でさらに、運動もしっかりとしたほうがいいでしょう。汗をかいてしまうと体臭が気になるかもしれませんが、それによって体臭が快方に向かっているのかを測るバロメータとなるからです。

体臭で病気が分かることも

体臭が病気のサインになることのほうが多いです。
糖尿病になると体臭が甘酸っぱくなるというのも、これは逆に考えたほうがわかりやすいのです。
というのも、まずは体臭が甘酸っぱくなるから糖尿病の疑いがあると考えたほうが順序としては正しいです。
ですから、体調に異変があるときは体臭が変わることが多いということを認識したほうがいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする